島根県安来市を中心に生産されている木綿、藍染の織物です。洗えば洗うほど、独特の深みと美しさが出てくるのが特徴です。綿から糸をつむいで、植物染料で草木染めをしてから織り上げられています。

出雲織は、絣織から発展したもので、技法は江戸時代に確立されていたといわれています。1959年に、青戸柚美江という人の努力により、知られるようになりました。

1980年より、全国から手織りを学びたい方を受け入れており、手織りの技術を研修生に伝えています。また、農村公園「出雲織 のき白鳥の里」では、出雲織の製作工程を見学することができます。