愛媛県松山市で生産されている絣です。久留米絣備後絣とともに日本三大絣の一つとされています。

現在の愛媛県にあたる伊予の綿作は、すでに元禄年間(1688年~1704年)には盛んで、農家では自家用の綿織物を地機で織っていたといわれています。当時は、木綿縞が織られており、この地機の生産効率が良くなかったので、生産量は地方の需要を満たす程度のものでした。

今治の波方出身である菊屋新助が、文化年間(1804年~1818年)の初期に松前町で機屋を開業し、生産効率を改善するため、京都の西陣から高機を導入しました。高機は複雑すぎて木綿織には不向だったが改良し、木綿織の生産を向上させる機を作り上げたといわれています。

その後、木綿織の増産が著しくなり、道後縞、松山縞、伊予結城などと呼ばれて流通していきました。特に、伊予結城は茨城県の結城木綿と生産量で肩を並べていたこともあったといわれています。

伊予絣は享和年間(1801年~1803年) に、現在の松山市西垣生町付近にあたる今出の出身の鍵谷カナという女性によって創作されたといわれています。

伊予絣が誕生したのは、鍵谷カナという女性が藁葺き屋根のふき替えの時に、押し竹の縄に括られた部分の藁は白く、陽に当たっていた藁は褐色に変わっているのを見て、この模様を布にできないかと考えたのがきっかけといわれています。

菊屋新助が改良し作り上げた高機は鍵谷カナにより、伊予絣の生産に使われることになります。一般大衆の着物地として広まっていき、明治に入ると織機の改良により、機械化・量産化が進みました。

そして、明治の中頃から全国の絣織物のおおよそ半分を占め生産量は全国1位を誇り、最盛期の生産量は、年間200万反以上といわれています。

現在、生活の洋風化とともに着物の需要は低下し、着尺の生産はごく少量となっています。松山市内にある民芸伊予かすり会館で、機織の実演を見ることができるほか、かすり製品を買い求めることができます。