茨城県西部の石下地方で生産されている織物です。緯糸を綿、経糸を絹で織った交織織物で、軽く着くずれしないのが特徴です。

石下地方は古くから綿花の栽培が盛んで、江戸時代には、木綿が織られていたそうです。明治中頃まで、盛んに木綿が生産されていましたが、安価な製品などの影響により、次第に衰退しました。

その後、技術の改良が重ねられ、結城紬の影響も受けながら、明治末頃に、絹綿交織の試作に成功し、石下紬が生産されるようになったといわれています。豊田紬とも呼ばれています。

結城紬の姉妹品として定着していき、人気を博しました。

しかし、昭和中頃から正絹の紬に押され、絹綿交織である石下紬の生産量は減少していきました。

現在、着物の需要の低下などの問題がありますが、正絹の高級品も生産されています。一目で結城紬か石下紬かの見分けがつきにくいともいわれています。