群馬県の伊勢崎地方で生産されている太織・紬・縞物などの絹織物の総称です。伊勢崎絣などが有名です。伊勢崎絣は国の伝統的工芸品として指定を受けています。

伊勢崎地方は、古くから養蚕が盛んで、織物も織られていたといわれています。享保年間(1716年~1735年)頃に、自家用として織られていた太織の商品化が進み、太織が伊勢崎の織物として人気を博し、全国に広まっていったといわれています。

明治中頃には、伊勢崎銘仙と呼ばれるようになりました。また、技術の改良も進み、現在の伊勢崎絣へ伝えられる様々な絣の技術が産み出されました。

銘仙という名称の由来は、諸説ありますが、経糸の数が多い緻密な織物を「目専」・「目千」と呼ばれていたことから、「めいせん」となったといわれています。

その後、第二次世界大戦後には、生活様式の洋装化や流行の変化などにより、生産量が減少していきました。

現在、着物の需要の低下や後継者不足などの問題がありますが、伊勢崎絣として伝統技法が受け継がれています。着物のほか、ネクタイやテーブルクロスなども生産されています。