三重県鈴鹿市で生産されている着物の型染めに用いる型紙です。突き彫り・縞彫り・錐彫り・道具彫りなどの技法があります。

伊勢型紙の創始者は誰かわかっていません。歴史は古く、起源について様々な説がありますが、室町時代には型紙が使われていたといわれています。

江戸時代に入ると、現在の和歌山県と三重県の南部にあたる紀州藩の保護を受け、鈴鹿市の白子や寺家を中心に発展し、全国に広まっていきました。

明治時代には、さらに技術も発展していきましたが、その後、第二次世界大戦や生活様式の洋装化などの影響で、次第に衰退していきました。

現在、着物の需要の低下などの影響で、生産量が減少していますが、布地に染めるための染色用具としてだけでなく、図柄の芸術性が評価され、美術工芸品やインテリアとしても注目されています。また、後継者育成や普及活動も、積極的に行われています。