富山県南砺市福光で生産されている麻織物です。苧績をすべて手作業で行い、居座機または高機で手織しています。

この地域の織物の歴史は古く、平安時代には、麻布が織られていたという記録が残っているそうです。江戸初期頃から、加賀藩に奨励されたことにより、盛んに生産され、流通していったといわれており、八講布・呉郎丸布・川上布などと呼ばれていました。

昭和中頃から次第に衰退し、現在、生産量は少なくなっています。