福井県で生産されている羽二重です。

1887年頃に、技術の基礎が確立し、盛んに生産されるようになったそうで、コシがあって丈夫、そして光沢が美しく、風合いが柔らかいのが特徴です。

現在、主に着物の裏地に用いられていますが、ハンカチなどの新製品の開発も行われています。羽二重にちなんで羽二重餅という人気の和菓子も誕生しました。