京都府の丹後地方で生産されている織物です。国の重要有形民俗文化財に指定されています。万葉集にも詠まれており、日本古代の織物になります。藤の蔓の皮をはいで、糸を作り織り上げた布です。

日本では、木綿や麻が普及する以前から、山野に自生する植物を原料とし、布が織られていました。藤布のほかに、科布葛布などがあります。

藤布は、縄文時代頃には織られていたといわれており、万葉集にも藤布のことが詠まれているそうです。

藤は山野に広く分布していた植物だったので、手軽な繊維素材として日本各地で織られていましたが、麻が普及するとともに、藤布を織る地域が少なくなり、さらに木綿の普及により急激に衰退していきました。

現在、日本各地の藤布の生産がほとんど絶えてしまったが、丹後地方で、その技術が受け継がれています。伝統技術の普及活動や新製品の開発なども行われています。