島根県安来市広瀬で生産されている絣です。絵模様と幾何模様とを組み合わせた大柄な模様が特徴です。島根県の無形文化財に指定されています。弓浜絣倉吉絣とともに山陰地方の三絵絣の一つとされています。

1824年、長岡貞子という女性が弓浜絣の技術を習得し、広瀬で広めたのが始まりといわれています。その後、現在の島根県にあたる松江藩の支藩である広瀬藩の奨励により、各地に広まっていきました。

明治時代には、盛んに生産されていましたが、1915年の大火より打撃を受けたこともあって、急速に衰退していきました。

現在、わずかしか生産されていないようです。