滋賀県の湖東地方で生産されています。

大正時代から昭和初期にかけて、嫁入り支度に自ら機織りをして用意していたという着物が、秦荘紬の始まりだといわれています。

近江上布に受け継がれる「櫛押絣技法」と呼ばれる技法を真綿紬糸に取り入れられています。年数を経るごとに独特の風合いが出て、美しさを増すといわれています。