滋賀県の長浜地方で生産されている絹織物です。浜縮緬とは長浜縮緬の略称です。シボが生地に美しい光沢となめらかな肌触り、染色の染まりやすさを生み出しています。後染め用の白生地である一越縮緬が有名です。

丹後縮緬とともに縮緬の二大産地といわれています。

この地域の織物の歴史は古く、奈良時代の文献に織物が織られていたという記述が残っています。浜縮緬は、1752年に、中村林助と乾庄九郎によって創始されたといわれています。

京都でも好評で、生産も順調に伸びて行きますが、1754年、西陣の機業者らにより、浜縮緬の京都での販売は自己市場の独占権を脅かすものとして訴えられました。その訴えが認められたことにより、浜縮緬は京都で販売禁止となり、大きな打撃を受けることとなりました。

中村林助と乾庄九郎はその状況を打開するために奔走し、一時は投獄されるほどになりましたが、現在の滋賀県北部にあたる彦根藩の保護・協力もあって、1759年に再び京都で販売することが可能になりました。

その後、大幅に生産量が増え、さらに技術改良も進み、大正初期には力織機が導入され、大きく発展していきました。

現在、着物の需要の低下などの問題もありますが、最高級の絹織物として有名です。