山梨県の郡内地方の織物です。

郡内地方は、古くから養蚕が行われており、平安時代の三代格式の一つである延喜式の中に、朝廷に甲斐の国の布を納めていたことが分かる記録が残っているそうです。

郡内紬は、江戸時代に郡内地方の領主となった秋元泰朝に奨励されたことにより、発展していき、甲斐絹とともに現在の山梨県にあたる甲斐国の特産品として知られるようになったといわれています。江戸時代の書物である「毛吹草」に郡内紬のことが載っているそうです。

昭和初期頃まで盛んに生産されていました。