岐阜県の郡上八幡地方の普段着から派生した紬です。草木染による素朴な色合いと光沢が特徴です。経糸には節糸の玉繭が使われ、緯糸には春繭から採った本真綿の手紡ぎ糸が使われています。すべて手織りによって織られています。

郡上八幡地方には、古くから郡上織と呼ばれる織物の伝統が受け継がれてきました。この地に落ちのびた平家の落武者たちが、野生の蚕糸を紡ぎ植物で糸染をして織ったところから、郡上織が始まったといわれています。

普段着として織られていましたが、江戸時代になると急速に衰退していき、その後は農家の自家織として、細々と技術が伝えられてきました。

第二次世界大戦後、この郡上織の伝統を、宗広力三という人が苦労の末に見事に蘇らせ、郡上紬として再興、発展させました。

郡上紬の柄は、昔からこの地方に伝わる民衆の仕事着や街着の伝統を基本にしたものです。