新潟県五泉市で生産されている精好織りの絹地です。主に袴地に利用されています。

五泉の絹織物の歴史は古く、江戸時代には葛織という袴地が織られていたそうです。五泉平の起源については諸説あり、葛織に改良を加えたことにより天明年間(1781年~1788年)に完成したという説や、精好仙台平の技術が導入されたことにより完成したという説などがあります。

五泉平は、その後の五泉織物に大きな影響を与えたそうです。

現在、五泉平の生産量はわずかとなっていますが、五泉は京都の丹後、滋賀の長浜と並ぶ白生地の三大産地の一つに数えられています。