静岡県浜松を中心に織られている木綿です。使えば使うほど、風合い、色合いが馴染んでくるのが特徴です。遠州木綿は、浜松地域のモノづくりの原点、活力の源の一つと言われています。

遠州地方は、綿花の栽培に適した土地だったので、古くから木綿が織られていたといわれています。江戸時代に、浜松藩により奨励され発展していきました。普段着として人々の生活に根付いており、主に家庭で自家用に生産されていたそうです。

江戸末期頃から遠州木綿の生産が事業化され始め、盛んに生産されていましたが、昭和中頃、化学繊維の普及や生活様式の洋装化などの影響で、次第に衰退していきました。

現在、生産量は少なくなりましたが、浜松を中心に織り続けられており、「遠州縞プロジェクト」という活動も行われています。