静岡県浜松で生産されている注染による浴衣です。注染とは、染料を注ぎ込む、手拭、浴衣の独特な染色法です。染料が布に通るため裏表両面とも染まり、ぼかしが効いた深みのある色彩で、さらに通気性にも優れているのが特徴です。

浴衣は、平安時代の湯帷子が原型とされています。その後、湯上りに着て肌の水分を吸い取る目的で用いられるようになり、江戸時代には、庶民の着物の一種となり愛用されてきました。「ゆかた」の名称の由来は、「湯帷子(ゆかたびら)」からきています。

浜松では、1887年頃から手拭いの染めの方法として注染が行われており、大正初期に、浴衣染めにも注染が行われるようになったといわれています。そして、注染よる浴衣染めが広まっていき、浜松は注染ゆかたの一大産地となっていきました。

現在、職人の高齢化や後継者不足などにより、注染に関わる事業所も少なくなり、生産量も減少しています。