千葉県銚子市で生産されている綿織物です。緯糸に超強撚糸を使用した先染の縞柄が特徴です。

江戸初期に、現在の茨城県神栖市にあたる鹿島郡波崎町の、漁師の奥さんにより考案された波崎縮が始まりだといわれています。江戸中期には、銚子にも縮を織る機屋が40軒以上出来、さらに出機という内職者も100軒以上に達して、盛んに織物が生産されていたといわれています。

そして、銚子縮という名で全国に流通していきました。染色がしっかりしていることや生地の丈夫なこと、独特の肌触りなどが、江戸の粋人・通人といわれる人々の間で大変な人気を得ていたそうです。

しかし、明治に入ると次第に衰退していき、大正時代には生産が途絶えました。

1952年頃、常世田真次郎という人が、途絶えていた技法を苦労して復活させました。以後、千葉県の無形文化財にも指定され、3代にわたって伝統の技法を受け継ぎ、新しい製品開発にも取り組んでいます。