愛知県知多市で生産されている木綿です。

江戸初期の慶長年間(1596年~1615年)には生白木綿として生産され、江戸に送られていたといわれています。生白木綿は綿の繊維そのままで、黄ばんだ色をしていることにより完成品として扱われず、価格も安いものでした。

その後、江戸中期の天明年間(1781年~1789年)に、現在の知多市にあたる岡田村の中嶋七右衛門という人が晒技術を導入して以来、「知多晒」として名声が高まっていきました。そして、知多の晒木綿の生産量は徐々に増加し、「知多木綿」として定着していきました。

現在、手織木綿の紡織は次第に衰退し、中小工場がわずかに残る程度になっており、技術の伝承者も数少なくなっています。知多木綿の技術伝承・保存を行う活動が行われており、機織り体験ができる場所も何軒かあります。