埼玉県の秩父地方で生産されている織物です。平織りの絹織物である秩父銘仙が有名です。秩父銘仙の布には、裏表がないのが特徴的です。

秩父地方は古くから織物が盛んで、諸説ありますが、崇神天皇の時代に、知々夫彦命が養蚕と機織の技術を伝えたことが始まりといわれています。

鎌倉時代に、旗指物用の生地として織られていたそうです。江戸時代には、養蚕と絹織物の生産が盛んに行われるようになり、繭・生糸の産地として知られるようになりました。

明治時代に入ると、銘仙が織られるようになり、明治後期に、「ほぐし捺染」が開発されることによって、多色使いの柄の生産が可能になり、女性の気軽な普段着として、全国で人気を博しました。

昭和初期頃までの最盛期には、養蚕業などを含めると市民の約7割が、織物関係の仕事に就いていたといわれています。

銘仙という名称の由来は、諸説ありますが、経糸の数が多い緻密な織物を「目専」・「目千」と呼ばれていたことから、「めいせん」となったといわれています。

その後、洋装化などの生活様式の変化により、着物の需要は低下し、次第に衰退していきました。現在、養蚕を続けている農家は、ほとんどみられません。