香川県高松市で生産されている木綿織物です。さらっとした肌触りで通気性や吸湿性に優れているのが特徴です。

1689年に、現在の香川県にあたる高松藩の藩主であった松平頼重が、京都から織物師である北川伊兵衛常吉を招いて、絹織物の製作を命じ、開発させたのが始まりといわれています。松平頼重が、丈夫なことから多年保つという意味で保多織と命名しました。

江戸時代は幕府への献上品として使われたことから、上級武士にしか着用が許されていませんでした。

明治維新後、大衆にも普及させようと、それまで原材料に絹が用いられていた保多織を、綿中心で生産するようになり、浴衣やシーツ用など用途を多様化していきました。同時に機械化も進め、大量生産が可能になり、1960年頃、最盛期だったといわれています。

現在では着物の需要低下などで衰退し、生産している所はわずかとなっています。伝統を守りつつ、新商品の開発など常に新しいことに挑戦しています。