宮崎県東諸県郡綾町で生産されている絹織物です。繭からの糸紡ぎから染色、織りまですべての工程を手作業で行っています。

1966年、秋山眞和により宮崎県東諸県郡綾町で創製された織物です。

ルーツは沖縄で、大正時代、沖縄にて秋山眞和の父である秋山常磐が染織業を営んでいましたが、戦争により、沖縄の工場をすべて失ってしまい、その後の1951年に、宮崎で再出発をはたしました。そして、秋山眞和が染織業を引継ぎ、宮崎県東諸県郡綾町に工房を創設し、綾の手紬が誕生しました。

秋山眞和が主宰する綾の手紬染織工房では、大和貝紫という染料の復元や幻の繭といわれる小石丸の商業化に成功させるなど様々な取り組みが行われています。