シボのあるしじら組織の木綿織物です。徳島県で作られたのでこの名がつきました。夏用の着尺地で、さらりとした肌触りと藍染が特徴です。

明治初期、この地域で盛んに織られていた「たたえ織」と呼ばれる木綿織物を、改良して織られるようになったといわれています。

諸説ありますが、海部ハナという女性が、濡れた木綿の布を乾かしたところ、生地にシボができたのを見て、それが改良のきっかけとなり、阿波しじら織りが誕生したといわれています。

1869年に、阿波しじら織という名がつけられ、明治時代には、型染めや広幅のものも生産され、海外にも輸出されました。大正時代には200軒以上の機屋があったといわれていますが、洋装化など様々な要因により、徐々に衰退していきました。

現在、夏物衣料として人気があり、阿波しじら織のブラウスなどの新製品も開発されています。