徳島県で行われている藍染です。藍染の青い色は、「ジャパンブルー」として世界に知られるほど深く鮮やかです。

はっきりとした年代はわかりませんが、古くから、藍染の原料である藍が栽培されてたといわれています。1585年に蜂須賀家政が現在の徳島県にあたる阿波国に国主として入国し、藍の栽培を保護・奨励したことにより、本格的な産業として藍の栽培が行われるようになったといわれています。

吉野川流域は、藍の生育に適した肥沃な土地だった為、日本一の藍の産地となっていきました。江戸時代には、藍と言えば阿波藍といわれるほどになり、全国の市場をほぼ独占していました。そして、全国に藍染も広まっていったといわれています。

明治時代以降も、藍の栽培は盛んに行われていましたが、科学染料に押され、衰退していきました。

現在、栽培・加工技術の改善向上や新用途の開拓など、様々な活動が行われています。徳島県内には、藍染体験のできる施設がいろいろあります。