北海道沙流郡平取町が産地のアイヌ民族の織物です。素材はオヒョウの樹皮で織られています。やわらかく強靭で、アップリケや刺繍で独特のアイヌの文様をほどこしているのが特徴的です。

アットゥシ、アッシ織などいくつかの呼び名があります。

歴史は古く、アイヌ民族の織具は弥生時代以前から使用されていたといわれています。江戸初期頃から、日本本土や大陸方面から衣類を入手するようになり、特に青森県の藍染の木綿が、厚司織に大きな影響を与えたそうです。

厚司織は無地物だけであったが、藍染の木綿を切抜いてアップリケしたり、藍染の木綿をほぐして藍糸を得、刺繍したりするようになったといわれています。

その後、普段着は無地で装飾しないことが多かったですが、晴れ着にはアップリケや刺繍で独特なアイヌの文様をほどこすようになりました。

現在、テーブルセンターや壁掛けなども作られています。原料であるオヒョウが少なくなっているので、おもにシナノキの繊維が使用されています。