栃木県足利市で生産されている先染織物です。緯糸に絣糸をもちいた半併用という立体感のある織りが特徴的です。経糸に緯糸を粗く仮織りし、捺染ののち水洗乾燥して緯糸をすこしずつ解しながら織る解し織りという技法を用いています。

足利は、古くから織物の産地として有名でした。銘仙という名称の由来は諸説ありますが、経糸の数が多い緻密な織物を「目専」・「目千」と呼ばれていたことから、「めいせん」となったといわれています。

大正時代から昭和初期にかけて、足利銘仙の生産が盛んに行われており、1940年頃に、その生産高が銘仙の生産高全国1位になりました。その後、洋装化などによる着物の需要の低下の影響で、足利銘仙は衰退していきました。

現在、職人の高齢化や後継者不足などで、生産されるのが困難になりつつありますが、足利銘仙ソックスなどの新商品も開発されています。また、斬新な図柄が注目され、足利銘仙のデザインを後世に残そうと、デジタル化して保存する事業も進められているそうです。