滋賀県で生産されている織物です。江戸時代から織られ始めたそうです。琵琶湖で使用されていた絹や麻・綿などの魚網の使えなくなったものや、水鳥の羽毛などを糸にして織り込んだ再生織物です。

魚網がヒゲの様に反物の表面に出ることから、髭紬(ひげつむぎ)とも呼ばれており、独特の風合いが特徴的です。千利休が絶賛したといわれています。

現代、生産量はわずかで、魚網は未使用のものが用いられています。