秋田県の天鷺村で生産されている織物です。

亀田藩があった現在の由利本荘市にあたる岩城町は、江戸時代から織物が盛んだったそうです。1887年頃に、岩城町で「ぜんまい白鳥織」の名で考案されたといわれています。現在は「天鷺ぜんまい織」と呼ばれています。

経糸には絹糸を用い、緯糸には綿糸にゼンマイの綿毛や水鳥の羽毛が一緒に紡がれています。ゼンマイの綿毛には防虫・防カビ効果があり、水鳥の羽毛は防水効果があるといわれています。ゼンマイの綿毛が織り込まれている織物は全国的にも珍しいです。

伝承する人がいなくなり一度途絶えましたが、現在は2人の伝統工芸士が伝統を受け継いでいます。

天鷺村にてぜんまい織をしており、織物作業の様子を見学することができ、指導が受けられる体験コーナーもあるそうです。また、売店で購入することもできます。天鷺ぜんまい織は、全国でも様々な賞を受賞しており、珍しい織物なのでお土産としても喜ばれています。

巾着や名刺入れ・におい袋など、シックなものから、かわいいものまで商品の種類は豊富です。