熊本県天草市で生産されている更紗です。異国風の鳥や草花模様が描かれた、異国情緒豊かな柄が特徴的です。

更紗とは、インド起源の文様染め木綿などの製品です。ヨーロッパやアジアなどで生産されており、日本各地で生産されているものは、和更紗と呼ばれています。

更紗が本格的に日本に輸入されるようになったのは、室町末頃といわれており、江戸中頃には、輸入した更紗を模倣して、日本各地で和更紗が生産されるようになったそうです。

天草更紗に関する資料はほとんどなく、起源については諸説あり、江戸末頃に、オランダ人か京都の職人が更紗の技法を伝えたのが始まりだという説や、江戸時代には存在していなかったという説もあります。

現在、着物の他に財布やネクタイなども作られており、天草の工芸品として、積極的にPRされています。