秋田県で行われている畦織です。江戸後期頃から織られ始めたといわれています。

畦織とは、経糸や緯糸に太さの違う糸を混ぜて平織にしたもので、田んぼの畦道のように見えることから、この名称が付けられました。畑の畝のようにも見えることから、畝織(うねおり)とも呼ばれています。