着ないとわかっていても着物の処分はなかなかしづらいものです。思い出がつまっていたりと着物は特別な存在って方も多いのではないでしょうか。

でも、収納は有限です。不要な着物の処分を考える日は必ず訪れるんですよね。そういったとき、どういった着物の処分方法があるかこの記事では紹介していきます。

着物の処分方法『リメイク』

不要だから処分を検討するのであって、ならいっそ必要なものに変えてしまおうという方法です。着物じゃなくなるので、処分する方法の1つとして紹介します。

柄によってコーディネートの難易度はグッとあがりますが、着物を洋服にリメイクしたりできます。また、家具・インテリアなど日常生活において、常にそこにあるものとしてリメイクできたりするんですよね。

着物を分解することになるけど、手元にはなんらかの形で残る処分方法です。

着物の処分方法『あげる』

自分にとって不要な着物でも、必要としてる方は必ずいます。そんな方が身近にいる場合は、思い切って『あげる』という処分方法です。

着物を処分すると当然ながら手元から離れるので、もしまた見たいと思ってもどうしても見ることはできません。しかし、身近な方にあげた場合は、自分の着物を再度見ることができる可能性が高いんですよね。しかも、着ている姿としてです。また必要とされている姿を見れるのはうれしいもんです。

ただ、『あげる』際には1つ頭に入れておきたいことがあります。それはもらうほうは困ることがあるということです。着物を必要としてるうえに、タダで着物がもらえるのにもかかわらずです。

というのは、保存状態が悪かったらお手入れに出さないといけなかったり、サイズが合わなかったらサイズ直ししないといけなかったりするんですよね。もらうのはタダだけど、それを着るには追加でけっこうな料金がかかることがあるということです。

もらうほうとしたら直そうと思ったけど、見積金額にビックリしてそんなにお金出せない場合もあります。で、やむおえず処分するしかない場合でも、もらった着物はさらに処分しづらいもんなんですよね。

あげるほうはこのことを知っておかないと、知らず知らずに相手を困らせることもあるので、しっかり話し合ってから着物をあげるようにしましょう。不要になった場合は気兼ねなく処分していいと言っておいたほうが、もらう方にとっては気が楽になるかもしれませんね。

着物の処分方法『捨てる』

着物をゴミとして出すということです。処分方法として、一番簡単かつ手っ取り早いですが、不要でも捨てるのは辞めたほうがいいです。

下で紹介してますが、着物は売れるんですよね。捨てるくらいなら売ったほうがいいのは間違いないです。「これ売れるの?」ってものも売れますし、手間もかかりません。

着物の処分方法『売る』

最もオートドックスな着物の処分方法です。お金がもらえて家の収納は空くし、着物も必要としている方のところへ行きつきます。

「着物を売るのってなんかめんどくさそう…」というイメージを持ってる方もいるかと思いますが、着物買取業者を利用すると意外と手軽にサクッと売れるんですよね。

特に『スピード買取.jp』なんかは業界大手で安心して利用できますし、連絡したら当日にきて(最短30分)当日に現金に変わります。もちろん査定は無料ですし、査定の利用のみでもOKです。
着物の買い取りならスピード買取.jp

とは言いつつ断っても無理やり買取されるんじゃないの?」というのは誰でも思うことですが、訪問買取は今はしっかり法規制されてるんですよね。これは一時期、訪問買取のトラブル、いわゆる『押し買い』が急増したことによるためです。

買取業者は利用者が困るような勧誘はできませんし、仮に買取してもらったとしても、その後気が変わればクーリングオフできます。今、訪問買取は利用者にとっては、かなり利用しやすい状況になってるというわけなんですよね。着物を手軽に売る方法として安心して利用できる着物買取業者はおすすめです。

まとめ

以上、着物の処分方法についてでした。

何かいい着物の処分方法はないかなとお考えの方の参考になればと思います。